ラストレシピの映画の動画を無料で視聴できる方法大公開!

2017年に公開され、ロングヒットして話題になった映画ラストレシピ。

主演には、ハリウッド映画でも活躍した嵐の二宮和也さんが務め、宮崎あおいさんや西島秀俊さんなどの豪華な俳優が脇を務めています。

 

この舞台となっているのは1930年代の満州の国と平成の現代が舞台となっている作品です。

戦前の料理人山形直太朗が残した幻のレシピ「大日本帝国食菜全席」の復刻を依頼された佐々木充は、巨額の報酬を条件にレシピの復刻を承諾します。

麒麟の舌と呼ばれる絶対味覚を持つ佐々木充は果たして「大日本帝国食菜全席」を復刻できるのでしょうか。

 

目次

ラストレシピ映画動画の基本情報

1930年、「大日本帝国食菜全席」というレシピを満州で作って欲しいと頼まれ山形直太朗は、身重の妻を連れて満州へと渡ります。

満州に渡った山形直太朗は、楊晴明と鎌田正太郎とともに「大日本帝国食菜全席」を作り上げることに情熱を燃やしていきます。

しかし、あることがきっかけで「大日本帝国食菜全席」は幻のレシピとなってしまいます。

 

そして70年の時が経ち、「大日本帝国食菜全席」の復刻を佐々木充に依頼します。

なぜ「大日本帝国食菜全席」は幻のレシピとなってしまったのか、そして今になってなぜ復刻させる必要があるのか。

全ての意味を知って点と線が繋がった時、そこには70年にも及ぶ壮大な愛が隠されていたと知るのです。

 

ラストレシピの映画動画を無料視聴する方法

『ラストレシピ』のように他社のビデオオンデマンドで配信されていなかったり、有料配信の作品を視聴するときにおすすめな方法は『TSUTAYADISCAS』を使用する方法です。

TSUTAYA DISCASとは、スマホやPCやタブレットで視聴できる動画配信と共に、TSUTAYAのレンタルDVDを宅配で受け取れるサービスです。

しかもDVDレンタルもかなり画期的で、視聴したDVDは専用の袋に入れて郵便ポストに投函するだで返却が完了して、延滞料金等の発生もしません!

 

そんなTSUTAYA DISCASでは現在30日間無料お試しキャンペーンを実施しています。

このキャンペーン中ならサービスが気に入らなくても30日以内に解約すれば、あなたのお金は一切かかることはありません。

30日間の無料お試しキャンペーンはいつ終了するかわからないので、今すぐにでも登録したほうが良いですよ。

今なら30日間無料キャンペーンを実施中!!

↓↓↓↓

↑↑↑TSUTAYA DISCASに登録して無料で『ラストレシピ』を視聴する↑↑↑

 

ラストレシピ映画動画のあらすじ

2つの時代が交差する物語

https://www.instagram.com/p/BjkRE7-FdRO/?hl=ja&tagged=%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AC%E3%82%B7%E3%83%94

物語の舞台となるのは、1930年代と2000年代の2つの時代になります。

1930年代では、天皇の料理番として活躍していた山形直太朗という男が204ものレシピに時間を掛け仲間たちと作り上げる物語をメインに描き、2000年代では、心を閉ざし麒麟の舌を駆使してお金儲けをしている佐々木充という男がメインの話になります。

 

ある日佐々木充は中国人のおじいさんの依頼を受け、山形直太朗が作ったというレシピを再現することになります。

そこから1930年代と2000年代、2つの時代が少しずつ交差し絡み合っていくことになります。

 

千鶴の死、娘の誕生でレシピが変化を遂げる

直太朗は満州に渡った後、中国人の楊と日本人の鎌田の2人と一緒にレシピ作りに励んでいました。

当初直太朗が作っていたレシピは天皇に献上するための料理なので、見た目が豪華なものや派手な演出のものばかりでした。

 

しかし、レシピ考案中に直太朗の妻千鶴が出産したものの、そのまま亡くなってしまいます。

 

直太朗は亡くなった妻や生まれたばかりの娘の事などお構いなしにレシピ開発を続けていました。

ですが、あるきっかけで全てのレシピを練り直し、娘や天皇のためだけではなく自分の周りの人が喜ぶメニューや楽しめる開発を行うようになるのでした。

 

完成したレシピとともに消えた直太朗、そして70年後に復活を遂げるレシピ

娘の幸が4歳になった頃、山形直太朗はようやく「大日本帝国食菜全席」を完成」させます。

しかし、そのレシピは披露されることはありませんでした。

 

レシピを作らされた本当の目的を知った時、直太朗は自分の命を懸けてでも幸や楊、鎌田達との思い出が詰まったレシピを守りたいと思ったのです。

こうして山形直太朗は「大日本帝国食菜全席」とともに消えてしまいました。

 

そして消えたレシピは70年後佐々木充によって復活することになるのです。

それは204ものレシピを復活させること、レシピを探し出すことから始めなければならないので簡単なものではありませんでした。

 

ラストレシピ動画に登場する人はどんな人?

麒麟の舌を持つ男、佐々木充

佐々木充は最後の料理請負人という肩書きで、依頼者が再現して欲しい料理を全く同じ味に再現する代わりに、超高額な報酬を受け取るということをしていました。

その依頼は潰れてしまった思い出の店の料理の再現や、亡くなってしまったお母さんの料理など普通の人にはまず再現不可能か料理ばかりでした。

 

麒麟の舌と呼ばれる1度食べた料理の味は絶対に忘れないいわば絶対味覚を持つ佐々木充しか再現することが出来ない仕事でした。

高額な報酬にも関わらず、佐々木充の噂は広がり富裕層や死期が近づいている人からの依頼が絶えず舞い込んでいました。

 

今までにない高額な依頼

ある日佐々木の元に報酬200万という今までとは比べ物にならないほどの超高額で、とある料理を再現して欲しいとの依頼が舞い込んできます。

借金があり、返済するお金が欲しい佐々木はすぐに興味を示します。

が、依頼人が中国まで来てほしいと言っていることに疑問を感じ断ろうとします。

 

しかし、親友の勧めや借金を何とかしたい佐々木は嫌々ながらも中国へと足を運びます。

そこで出会ったのは、99歳になる中国人のおじいさんでした。

 

99歳という割に元気なこと。

そしておじいさんも料理人だったという話を聞きなぜ自分でレシピを再現しないのかと佐々木は疑問を持つのでした。

 

依頼された仕事

佐々木がおじいさんから依頼されたのは、1930年代満州に渡った日本人山形直太朗が作った「大日本帝国食菜全席」という204品にも及ぶレシピの復刻でした。

今まで1品100万円で仕事を受けていた佐々木から見れば割に合わない仕事なので、断ろうとしました。

 

しかし、依頼者の楊は佐々木に5000万円の借金があることを下調べ済みで、204品作れば5000万円払うので借金はチャラになると言いました。

そして、佐々木の過去も調べ上げ人を信用できない性格であることも承知の上、これが最後のチャンスという楊に頭が上がらなくなった佐々木は依頼を引き受けることに決めたのでした。

 

大日本帝国食菜全席の真実

大日本帝国食菜全席は天皇を招く料理として、日本人の軍人が山形直太朗に依頼したレシピでした。

日本国内では、内密でという指示で満州に渡った山形は、満州でレシピ作りに励んでいました。

4年という月日をかけようやく完成したレシピが披露されることがなかったという事実を佐々木は突き止めました。

 

レシピは燃やされ何も残っていないのに再現なんて不可能だと、楊に佐々木は報告します。

しかし、楊は実はレシピは自分が持っていると明かし、佐々木が育った孤児院へ行くようにと指示を出しました。

そこで語られた真実に心を閉ざしていた佐々木は涙を流すのでした。

 

ラストレシピ映画動画に登場するキャストは?

【麒麟の舌を持つ天才料理人】佐々木充役:二宮和也

https://www.instagram.com/p/Bjq3kygHT9A/?hl=ja&tagged=%E4%BA%8C%E5%AE%AE%E5%92%8C%E4%B9%9F

幼少期に両親を亡くし、施設で育ったため人付き合いが苦手。

 

しかし、料理に関しては人一倍のこだわりを持っている人物。

だが人付き合いの苦手さと、料理に対するこだわりが強すぎてオープンさせた店を潰してしまい借金を抱えることになってしまった。

 

そこで、麒麟の舌と呼ばれる絶対味覚を駆使して最後の料理人として高額報酬を貰って借金を返済している。

 

【大日本帝国食菜全席の秘密を知る人物】楊晴明役:笈田ヨシ

現代で中華料理界の重鎮として一目置かれる存在となっている。

 

戦前の満州で山形直太朗とともに披露されることなく幻となってしまったレシピ集「大日本帝国食菜全席」の製作に携わった人物の一人。

今回その「大日本帝国食菜全席」を復活させてほしいと依頼し、超高額報酬を叩きつけて佐々木をわざわざ中国に呼んだ人物である。

 

【大日本帝国食菜全席を作った人物】山形直太朗役:西島秀俊

最近すきすぎてしんどい。 今年47歳?たまらん #西島秀俊

A post shared by marin:) (@m_a_r_i_n._) on

この作品における準主役。

1930年代天皇の料理番をしていた人物で、政府の依頼で、「大日本帝国食菜全席」を作ることになったため妻と共に満州へと渡り「大日本帝国食菜全席」を完成させた人物です。

 

しかし、太平洋戦争開戦間近にレシピと共に行方をくらまします。

彼も佐々木充と同じく、麒麟の舌を持った料理人でした。

 

【山形直太朗に満州行きを告げた人物】三宅太蔵役:竹野内豊

https://www.instagram.com/p/BjgsEgxH9pQ/?hl=ja&tagged=%E7%AB%B9%E9%87%8E%E5%86%85%E8%B1%8A

満州国ハルビン関東軍司令部の大佐。

のちに少佐へと昇進した彼が山形直太朗に「大日本帝国食菜全席」を作るよう依頼をし、満州へ渡るよう指示を出しました。

 

「大日本帝国食菜全席」を山形直太朗に作らせたのには日本の威信のためと説明していましたが、本当の目的が別にあり、その目的を隠したままレシピが完成するのを待ちわびていた人物です。

 

【佐々木充が唯一心を開いている存在】柳澤健役:綾野剛

大衆料理店の店長として働いているが、以前は佐々木の店のコックとして働いていた。

佐々木と同じ養護施設で育ち、佐々木とは兄弟同然に育ってきた。

佐々木が唯一心を開いている存在で、彼の麒麟の舌と呼ばれる絶対味覚を見つけ出したのは柳澤だった。

 

「大日本帝国食菜全席」の依頼を怪しんでいた佐々木に依頼を受けるよう背中を押したのも彼だった。

 

今なら30日間無料キャンペーンを実施中!!

↓↓↓↓

↑↑↑TSUTAYA DISCASに登録して無料で『ラストレシピ』を視聴する↑↑↑

 

ラストレシピ映画動画の3つの見どころを紹介します

主演、二宮和也の素晴らしさ

料理ドラマ、映画では左利きの料理人はまずいません。

それは、日本料理の世界が右利き社会だからです。

しかし、二宮さんは左利きです。

 

映画などでは替え玉と言って代理人を立てて撮影シーンなどを取ることもありますが、今回はほとんど使わなかったそうです。

それは、二宮さんが撮影に合わせ右手で包丁を使えるように特訓していたからだそうです。

 

以前ドラマで板前役は経験があるとはいえ、今回は天才料理人の役です。

左利きの彼には難しい役どころなのに、替え玉をほとんどしないで料理シーンを取っているので二宮さんが包丁を使うシーンには大注目して見てほしいと思います。

高度なテクニックを左利きの人がしていると思うと感心すると思います。

 

中国人かと勘違いするほどの自然な演技

楊晴明役の笈田ヨシさんは中国出身の俳優さんでも、中国に暮らしていたわけでもないのですが、映画を観ていて中国人かと思うほど違和感がない演技をしています。

その理由は、一つは流暢な中国語を話していること、もう一つは、中国人が日本語を話している時の独特の癖が忠実に再現されていることです。

 

あまりにも違和感がないので、中国の俳優さんだろうと思ってエンドロールを見ると本当にびっくり、名前が日本人なのです。

 

物語一つ一つに違和感なく観られるところがラストレシピの素晴らしい見どころだと感じます。

笈田さんが日本人だということを一度忘れて、物語そのものに集中してみると、そのすごさが実感できるのでぜひやってみてください。

 

なんといっても豪華キャストが勢ぞろい

https://twitter.com/ToMoKa__Arashi/status/1002120720208416768

今回主演を務めるのは、嵐の二宮和也さんです。

それだけですごいなと感じる人もいるかもしれませんが、驚くのはまだ早いです。

 

1930年代の物語の方では準主役を演じるのは、西島秀俊さん、その妻に宮崎あおいさん、満州国の大佐役に竹野内豊さんが出演しています。

2000年代も主演の二宮さんを始め、綾野剛さんなどが出演しています。

出演者のほとんどが本来ならば主役をするほどの超豪華キャストで作られているのは本当に見どころです。

 

脇役に回っても影が薄くならない上に、主演が誰かわからなくならない程度に存在感がきちんとあるのは素晴らしいことだと思います。

作品に興味がなくても俳優さん目当てで見ても楽しめるのでオススメな作品です。

 

ラストレシピ動画を見た人たちの感想

あらすじなどを読んで興味が沸いてきたけれど、本当に面白いのかなと思っている人の為に実際にラストレシピを見た人の感想を紹介していきます。

 

【とても泣ける映画】東京都:夏美さん

夏美さん

嵐の二宮くん目的で最初はラストレシピを観ました。

二宮くんにしか興味がなかったのでなんとなく観ていましたが、全ての物語が繋がった時に気が付いたら涙が零れていました。

 

もう一度ちゃんと見直したら、すごく感動したので何回も観た方がより泣ける作品なのかなと感じました。

いい作品に出会えてよかったと思っています。

 

【美味しそうな料理が出てきて料理の参考になる】神奈川県:百合子さん

百合子さん

最近ラストレシピという作品が話題だと友人から聞き、観ることにしました。

内容は壮大な物語でラストにはとても感動しました。

天皇に献上する料理の話なので、お店で出てくるような料理もたくさんありましたが、カツサンドなど普通の主婦でも作れそうな料理もたくさんあり、映像を見ていて料理の参考になると思った映画は初めてでした。

 

【後半につれて内容が理解できた】三重県:真奈さん

真奈さん

最初はニノが出てきて、おじいさんに料理を作っていたり、気が付いたら中国に行ってある人の事について調べていたかと思ったら、主人公が西島さんに代わっていったので話の流れが全く読めませんでした。

 

しかし、ある地点になるとなるほど!

と思う瞬間があってそこから今までの内容を振り返ることでようやく話が理解できました。

難しい内容でしたが面白い作品でした。

 

【いい作品に出逢えてよかった】福岡県:加奈江さん

加奈江さん

娘が二宮くんのファンでどうしても観たいからと誘われて観に行きました。

観終わった感想としては、ジャニーズ主演の映画だからと甘くみていた私が間違っていました。

 

昨今、伏線があいまいなドラマが多い中、この映画はきちんと描かれている上に綺麗に跡形もなく回収してくれたので久しぶりに映画を観てスッキリした作品です。

たくさんの料理が出てくるので、目の保養にもなっていい映画でした。

 

あまり期待していなかったが、観てみると素晴らしかったという意見が多数でした。

予想以上に見応えたっぷりな作品のようです。

 

今なら30日間無料キャンペーンを実施中!!

↓↓↓↓

↑↑↑TSUTAYA DISCASに登録して無料で『ラストレシピ』を視聴する↑↑↑

 

ラストレシピの動画をおすすめしたい理由

ジャニーズ主演の作品だからと毛嫌いして観ない方も多いかもしれません。

しかし、このラストレシピはそんな人にもぜひ観てもらいたい作品です。

 

俳優陣の高い演技力や物語が後半になるにつれて絶対引き込まれる作品です。

単なるジャニーズ主演の料理人映画と思わず一度観てみたらきっと観てよかったと思えるそんな作品です。

とてもオススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です