ラブソング月9のドラマ動画を今すぐに無料視聴しよう!

2016年4月~6月のフジテレビ系「月9」枠で放送されたドラマ「ラヴソング」。

福山雅治さんがガリレオ以来3年ぶりのドラマ主演。

そして、結婚後初のドラマ出演作品という事で注目されました。

 

また、ヒロイン役の藤原さくらさんもシンガソングライターとして地道に活動していました。

そんな中、ドラマ初出演が月9ヒロインとあって日本中に名前を知られることとなった作品です。

 

今回はそんな大人気のラヴソング(月9)の動画を無料で視聴する方法があるのか調べてみました。

>>ラブソングを今すぐ無料視聴したい人はこちら<<

 

 

ラブソング(月9)動画はyoutubeで視聴できる?

動画サイトとして有名なYouTubeで検索してみました。

YouTubeにラヴソングのドラマ動画はありませんでした。

無かった理由としては『削除されたから』ということが考えられます。

 

ドラマ、アニメ、映画など日々大量の動画と一緒にこういった著作権のある動画もアップロードされてしまうことがあります。

ですが、『著作権がある』ということはアップロードすることは『違法』になります。

こうした違法動画は順次削除されていきます。

 

その他の動画共有サイトはどう?

youtubeになくても、他の動画サイトにあるのでは?

と思われる方もいるかもしれません。

 

Pandoraやデイリーモーションなど、海外の動画共有サイトを利用した事がある方もいると思います。

どちらのサイトにもラヴソングのドラマ動画はありませんでした。

 

ですが、仮にあったとしても、違法動画の視聴には大きなデメリットがあります。

違法動画がおすすめできない2つの理由をご紹介しますね。

 

動画共有サイト2つのデメリット

デメリット1:ストレス

違法動画は誰かが個人的にアップロードしたものです。

なので、画質、音質ともに非常に悪いことが多いです。

音と映像がズレているなんていうのは、よくあることです。

 

また、サイト自体が非常に重いことから読み込むのにかなり時間がかかったり、再生中に止まってうこともあります。

そのまま復活せず固まったまま。

なんてこともあり得るわけです。

 

動画共有サイトにアップロードされた違法動画を、スムーズに楽しむことはほぼ無理だと考えてください。

 

デメリット2:ウイルス

違法動画を閲覧するとウイルスに感染する危険があるのをご存知ですか?

こちらは動画共有サイトPandoraで実際にあった事例です。

ウイルス感染すると、閲覧に使用したスマホやパソコンが使用できなくなる可能性があります。

また、銀行口座情報など重要な個人情報が抜き取られるかもしれません。

 

こういった危険も潜んでいるので、違法動画の閲覧は絶対におすすめしません。

 

ラブソング(月9)動画を無料で視聴!

月9ドラマ『ラヴソング』はFODを使って全話視聴することができます。

FODはフジテレビ公式の動画配信サービスです。

フジテレビのドラマやバラエティーを中心に、様々な作品が配信されています。

 

福山雅治さん主演のガリレオシリーズや、月9ドラマでも放送された海月姫の映画版で女装男子を演じる菅田将暉さんもチェックできちゃうわけです!

実際にラヴソングを検索すると1話から最終話まで見放題で出てきます。

ちなみに『ラブソング』『love song』ではでませんので、注意してください!

 

FODは本来は有料月額会員登録を行って利用するサイトです。

ですが、今1ヶ月無料お試しをやっているんです。

この期間を利用すれば、ラヴソングを全話無料で視聴出来るというわけです。

 

FODは公式配信なので、画質音質問題ありませんし、ウイルスの心配も不要です。

安心安全に楽しむことができちゃいます。

 

今なら1ヶ月無料キャンペーンを実施中!!

↓↓↓↓

↑↑↑FODに登録してラヴソング(月9)動画を無料で視聴する↑↑↑

※1ヶ月以内に解約をすれば料金は一切発生しないのでご安心ください

 

FODは他にも見放題作品がたくさん!

FODにはラヴソング以外にも、多くの作品が見放題なんです。

今現在放送されている月9コンフィデンスマンJPも配信されていて、見逃してしまった回のチェックにもとても便利ですよ。

FODがあればレコーダーの録画要領を気にせずに過ごせそうですね。

 

ポイントを消費して視聴する番組もある

FODは全てが見放題ではなく、ポイントを使ってみる作品もあります。

ですが、毎月1300ポイント貰えるので、わざわざ新たに購入する必要はありません!

 

もらったポイントを消費して、見放題以外の作品も楽しみましょう。

実際にどのくらいポイントを消費するのか調べてみました。

同じく福山雅治さんが出演された映画『三度目の殺人』。

日本アカデミー賞最優秀作品賞など数々の賞を取った作品です。

こちらの映画で500ポイントでした。

 

1300ポイントで十分楽しめそうですね!

 

 

 

ラブソング(月9)動画の基本情報は?

2016年春のフジテレビ月9「ラブソング」は2014年にフジテレビヤングシナリオ大賞を受賞した倉光泰子のオリジナル作品をドラマ化した作品。

全10話、平均視聴率は8,5%となっています。

 

主演福山雅治さん、ヒロイン役に福山雅治さんの所属事務所の後輩藤原さくらさんが大抜擢されました。

なお、脇を固める他のキャスト陣も豪華で、ヒロインの幼馴染役に菅田将暉さん、ヒロインの姉のような存在真美役に夏帆さん、そしてこの作品で一気にドラマ出演が増えた木下ほうかさんなども出演されています。

 

ちなみに藤原さくらさんは、この作品で第4回コンフィデンスアワード・ドラマ賞新人賞を受賞。

シンガソングライターとしてだけではなく女優としても評価されています。

 

ラブソング(月9)動画のあらすじは?

第一話~第三話

神代広平(福山雅治)は元々はプロノミュージシャンでしたが、今は臨床心理士として勤務し女性の家を転々としながら生活していました。

そんな中、神代が週2で企業カウンセラーとして勤務する大型車販売店で整備補助として働く佐野さくら(藤原さくら)がカウンセリングに訪れます。

彼女は吃音障害を持ち、職場の仲間間でもコミュニケーションが取れず神代の元を訪ねたのでした。

さくらが音楽をやっていたことを知り、神代が常連のライブハウスに2人で出演する事となり、さくらの圧倒的な歌唱力にほれ込んだ神代はさくらとともにする時間も増え2人の距離が縮まっていきます。

 

第四話~第六話

さくらは神代が独身だと聞き、嬉しそうな様子を見せるほど心を開き始めていました。

そして神代は、部屋を借りる事となり、さくらの幼馴染天野空一(菅田将暉)にも手伝ってもらい引っ越しを済ませます。

空一はさくらの神代に寄せる思いを気にし、さくらに告白をします。そうしているうちに、さくらの声の噂は広がりレコード会社のスカウトが訪れるほどとなっていました。

レコード会社との話し合いは不調に終わりますが、さくらの歌声を広めたい神代は曲作りを始め、さくらの元には別のレコード会社からも声がかかります。

こうして時間が流れていくうちに、さくらの神代への想いが少しずつ大きくなっていきます。

 

第七話~第九話

さくらは、作詞をすることとなり、神代は宍戸夏希(水野美紀)の亡き姉に作った曲をアレンジして、いよいよレコーディングとなりした。

20年も音楽から離れていた神代がプロデューサーとして復活するときがきました。そして、神代は他のアーティストへの曲の提供も行う事となります。

しかし、そんな中さくらの喉の異変に気が付いた増村泰造(田中哲司)にさくらは耳鼻咽喉科への受診を勧められます。検査の結果、悪性の肉腫が見つかり、声帯切除をしなければいけなくなりました。

さくらは、姉のように慕う中村真美(夏帆)の結婚式まで手術を待って欲しいと願いますが、とうとう手術の日がやってきます。

 

最終話

さくらは、まだ自分の声が失われるかもしれない事を手術の前日に知り、神代は真美の結婚式を前倒し、さくらにスピーチをしてもらおうとします。

しかし結婚式の途中スピーチをなんとか終え、soupを歌いだすと雨に見舞われ中断。さくらはふさぎ込んで手術の同意書にすらサインをしません。

このまま時間が経ってしまうとさらに声を失う可能性が高くなります。しかし神代が奏でるギターの音色にさくらは心を解かれ、手術をします。

さくらの声帯は無事に残り、退院祝いに招くため真美がさくらの部屋を訪れると荷物もなく、部屋を引き払った後でした。そこには、さくらの想いが書かれた手紙が残っており、神代への想いも綴られていました。

 

最終話(続き)

さくらが居なくなり、空一はさくらを待つために調理師免許を取得するため料理学校へ通い、一方神代はさくらに音楽をやらせたかったわけではなく、さくらがいたから音楽が出来た事を打ち明け、2年の時が経ちました。

神代はプロデューサーとして活躍していますが、ある日さくらの曲をカバーしたいと言われ、いなくなったさくらをレコード会社に探してもらう事となります。

 

ようやくみつかったさくらでしたが、神代が行くと務めている職場には夏季休暇で不在。帰ろうとする神代にさくらの歌声が、どこからともなく聞こえてきます。

大慌てで神代は、レコード会社にさくらは引退していない、まだ歌っていると連絡し、さくらに会わずに立ち去るのでした。

 

ラブソング(月9)動画に登場するキャストは?

神代広平役:福山雅治(俳優)

主人公。元プロミューミシャンで現在は臨床心理士として働いています。

ミュージシャン時代に1曲だけヒット作を発表したものの、その後は売れずに引退してしまいましたが、さくらと出会ったことで音楽と真摯に向き合い、さらに心の変化を感じるようになりました。

 

また、ある事をきっかけに真剣に女性と恋愛が出来ず、女性の家を転々としながら生活していましたが、心の変化とともに、4話以降は自分の部屋を借りる事となりました。

 

佐野さくら役: 藤原さくら(俳優)

https://twitter.com/UTANET_STAFF/status/702332095595569152

ヒロイン。広島の児童施設で育ち同じ施設で育った姉のような存在の真美が上京して、後を追うように2年後に上京しました。

吃音障害を持ち、大型車の整備・販売会社で勤務していましたが職場にも馴染めずにいた中、神代と出会います。

しかも、自分の歌声にも気が付かずに過ごしていた中、神代と出会い自分の才能に気づかされ、音楽を通して心の変化も起こっていきます。

 

天野空一役:菅田将暉(俳優)

さくらとともに広島の児童施設で育ち、さくらの幼馴染でありさくらの良い理解者、そしてさくらへ好意を抱いています。

幼いころ両親から虐待を受け、捨てられた経緯から人間不信となってしまい、よくトラブルメーカーにもなりやすい人物です。

ちなみに料理人を目指して調理師専門学校へ通い、さくらが失踪後も地道に勉強をしながらさくらの帰りを待っていた程の献身的な男子です。

 

中村真美役:夏帆(俳優)

さくらとともに広島の児童施設で育った、さくらの姉のような存在。

さくらが上京する2年ほど前に先に上京し、キャバクラで勤務していました。なお、さくらの同僚の野村と婚約し、お腹には野村の子を宿し、自分の結婚を機にさくらには自立してほしいと切に願っています。

 

宍戸夏希役:水野美紀(俳優)

https://twitter.com/taotan0509/status/719514281121685504

神代の元恋人宍戸春乃の妹で、神代の元バンド仲間です。姉の春乃との件をきっかけに神代は恋愛が出来ない状態になっていたのを知っている中の1人です。

神代が定住を持たなかった時によく夏希の家を居場所にしていました。

バンドではキーボードを担当していました。現在は、言語聴覚士・音楽療法士としてクリニックを開業しています。

 

今なら1ヶ月無料キャンペーンを実施中!!

↓↓↓↓

↑↑↑FODに登録してラヴソング(月9)動画を無料で視聴する↑↑↑

※「Yahoo! JAPAN ID」を利用した1ヶ月無料キャンペーンは6月末に終了します。

 

ラブソング(月9)動画の3つの見所は?

さくらがカープ女子だという設定が面白い

https://twitter.com/9FS1x6Zv1Mm2BYp/status/774822771834576900

このドラマの見どころの1つとして、藤原さくらさんが吃音障害を持ちながら話す広島弁、そしてカープ女子という設定が広島の人達に物凄くウケ、広島の話が出てきたドラマ放送後は藤原さくらさんの事を広島の人達はSNSで競ってつぶやいていました。

 

また、そんなヒロイン設定からドラマ内で福山雅治さんがギターで広島カープの応援歌「それ行けカープ 若き鯉たち」を演奏した時もカープファンは大歓喜だったようです。

ちなみに、さくらの初恋の相手は黒田博樹投手で、吃音障害で「か行」が言いにくいのにも関わらず、黒田選手の名前だけはすんなり言えるという設定もまた細かい演出が感じられ見どころとなっています。

 

福山雅治さん・藤原さくらさんの音楽も楽しめるドラマ

福山雅治さんが、結婚後に挑んだラブストーリーという点が2つ目の見どころです。

しかも、その相手が福山さんの同じ事務所の後輩で、当時福岡から上京してまだ2年という状態での月9ヒロインとあって世間も注目していました。

また藤原さくらさんは、ドラマ同様に福山雅治さんがプロデュースをした「soup」という曲でメジャーデビューし、ラブソングの主題歌に使われ、カップリングの「好きよ 好きよ 好きよ」、ドラマの役名佐野さくら・神代広平バージョンの「500マイル」「Summertime」もまたドラマの挿入歌として使われました。

ちなみに「500マイル」は、Hedy Westが作詞作曲した曲で、忌野清志郎さんが訳し、忌野清志郎さんらのユニットHISのアルバムに収録され、このバージョンを使用しています。

 

今をときめく菅田将暉さんと福山雅治さんの三角関係

今では、主役級の方々が脇を固めていたドラマでもあり、例えば日本アカデミー賞の常連ともなっている夏帆さんが藤原さくらさんの姉のような存在の役柄として登場しています。

また、同じく日本一忙しい俳優とも言われ映画・ドラマ・歌手として大人気の菅田将暉さんが、藤原さくらさんの幼馴染役で福山雅治さんの恋敵という設定も見どころの1つです。

 

なお、このドラマのツイッターでは撮影の合間に福山雅治さんが、菅田将暉さんに福山さんの御馴染みの曲「milk tea」のギターを教える動画がアップされていて、日本を代表する俳優同士のほっこりとした様子がファンにとても喜ばれていたようです。

 

ラブソング(月9)動画を視聴した人たちの感想は?

何かと話題となった月9ドラマ「ラブソング」を見た視聴者の反応はどんな感じだったのでしょうか。

 

埼玉県:カノさん

カノさん

視聴率があまり良くないと聞いていたけど、良かったと思う。

またさくらちゃんがあまり可愛くないという声があったが見ているうちにとても可愛くなってきていた。

あと、脇を固める俳優さんたちが良かったのと、特に若手俳優達が良かった。

個人的に藤原さくらには今後も期待したいと思った。

 

岡山県:良子さん

良子さん

久々に泣いてしまったドラマでした。

このドラマで菅田将暉さんと藤原さくらさんのファンになり、若いのに堂々としていて素敵でした。

またストーリーも脚本も歌も良かったです。

最終回を見た後は気持ち的に整理がつきませんでしたが、出来れば続編が見たいドラマでした。

また視聴率が低いと言われていましたが、全然気になりませんでした。

 

北海道:初音さん

初音さん

ドラマの影響でチケットを購入して藤原さくらのライブに行きました。

佐野さくらよりも落ち着いた曲が多く、客席も落ち着いてい聴いてました。

ドラマは福山さんや藤原さくらさんのイメージを高められなかったように感じますが、藤原さくらと佐野さくらは全く別ものだったので演技力があると思います。

なので、またドラマに挑戦してもらいたいです。

 

滋賀県:ドラマ好きさん

ドラマ好きさん

前にエンケンさんのドラマで20代の女子と恋愛をめぐり、同い年の渡部篤郎さんが演じる恋人の父親とバトルするのがありました。

エンケンさんはおっさんでありながらドラマのシーンでは初恋のように可愛らしく感じていました。

しかし、福山さんと20も離れた子の恋愛ドラマはちょっとなんか違うなと感じました。

 

このような感想がありましたが、放送中は視聴率の話題でもちきりでしたがドラマ自体は内容・話題性ともに高評価なようです。

ただし、年の離れた恋愛に関しては賛否両論みたいです。

 

今なら1ヶ月無料キャンペーンを実施中!!

↓↓↓↓

↑↑↑FODに登録してラヴソング(月9)動画を無料で視聴する↑↑↑

 

ラブソング(月9)動画のまとめ

月9ドラマは福山雅治さんの「ラブソング」以降何かと話題となっていますが、必ずしも昔のように「ラブストーリー」で主人公とヒロインがキュンキュンさせる恋愛が月9には必須な訳ではなく、内容が面白かったら楽しめるという事がわかります。

また、このドラマは「soup」という名曲も生み出し、藤原さくらさんを一気に世間に送りだしたので、曲は知っているけどドラマは知らないという方にぜひ一度ドラマ自体も見ていただきたいところです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です