モアナと伝説の海の動画吹き替え版を今すぐにスマホで見る方法は?

ジメジメした梅雨が終われば、もうすぐ楽しい夏。でも、その前に親子でも、1人暮らしでも、絶対にチェックしておきたいのがこの映画。子供の映画だと思って侮ってはいけません。CGでどうしたら

こんなに美しいグラフィックが作れるのだろう?引き込まれてしまう映像美もさることながら、ウォルト・ディズニー・アニメーションのスタッフが総力を結集して作り上げた本作は、米国アカデミー賞

にノミネートされただけあって、背景にあるストーリーも実にしっかりしています。

 

目次

モアナと伝説の海の動画の動画吹き替え版を見るためには?

大人気作品のモアナと伝説の海の吹き替え版の動画を視聴する方法はいくつかありますが、私がおすすめな方法は動画配信サービスのU-NEXT使用する方法です!

なぜU-NEXTがおすすめかというと、YouTubeやpandoraなどの無料動画サイトには実は多くの危険やストレスが潜んでいるからなんです。

 

無料サイトのストレスって?

では、無料サイトにはどのようなストレスがあるのでしょうか?

無料サイトでは公式にアップされていない動画がほとんどの為、画質が荒かったり動画の音がずれていたりと、作品を集中してみることができずとってもストレスが溜まっていくのです。

さらには、動画が途中で終わったり動画を読み込むのが遅くずっと所々で動画が止まってしまったりとしてしまうのです。

 

無料サイトの危険性って?

また、海外の無料サイトなんかでは悪意のあるサイトへリンクさせられてしまい、そのサイトでPCやスマホがウイルスに感染してしまうなどの危険性があったり。

無断で上がっている動画では、著作権法に抵触する恐れもあり、ダウンロードなどをすると最悪の場合200万円以下の罰金か1年未満の懲役に科せられることもあるのです。

 

そこで登場するのが、今回ご紹介している動画配信サービスのU-NEXTなのです!

 

U-NEXTってどんなサービスなの?

動画配信サービスのU-NEXTとは、およそ12万作品の作品が視聴できるサービスで、今回ご紹介しているモアナと伝説の海の動画をはじめ、ありとあらゆる動画を扱っているサービスです。

見放題の作品やポイント制の作品もありますが、毎月もらえるポイントを使って好きなものが視聴できるサービスになっています。

 

さらに今なら、31日かんのトライアルを実施しており、登録後31日間であれば初めての方なら全員トライアルを利用することができるのです。

トライアル期間でも600ポイント貰うことができるので、モアナと伝説の海の動画も問題なく視聴することができます。

 

ぜひこのトライアル実施期間中に登録してみてくださいね!

 

今なら31日間無料キャンペーンを実施中!!

↓↓↓↓

↑↑↑U-NEXTに登録して『モアナと伝説の海』動画を視聴する』↑↑↑

 

 

アカデミー賞にもノミネートされた圧倒的な映像美と名曲の数々 モアナと伝説の海の基本情報は?

『モアナと伝説の海』はウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオが手がけた56作目の作品。3Dコンピューターアニメーション。

歴代興行収入No.1となった『アナと雪の女王』と同じ映像美とストーリーの中に数々の歌が象徴的に散りばめられています。

ディズニー映画のこのスタイルといえば、『リトル・マーメイド』(‘89)や『アラジン』(‘92) を思い起こす人も多いはず。

 

それもそのはず、ここに揚げた2作品は実は全てモアナと同じ監督。

ディズニーの黄金期とも言える時代を築いた2人の監督(共作)が、初めてCGIアニメーションに挑戦した本作。

そこには現代に込められた2人の熱い想いが随所に込められています。

モアナは島の村長の1人娘。島を出て、外の世界への好奇心から、冒険へ日々憧れをいただいています。

が、父はそんなモアナを島から絶対に出さない、島は絶対に安全と厳しく育てます。

 

モアナもいつしか自分の気持ちを抑え、島での安泰な日々を選びますが、ある出来事がきっかけで抑えていた想いが爆発します。

島と世界を救うため、モアナは未知の海へと漕ぎ出します。

 

モアナと伝説の海のあらすじは?

その昔、全ては1つの伝説から始まった


海の中に静かに浮かぶ自然豊かな島、モトゥヌイ。

穏やかな気候と豊富な食べ物。

そんな平和そのもの島で、タラおばあちゃんは子供達に今日も古くから伝わる昔話を聞かせる.

 

「その昔、命の女神テ・フィティは、<心>を持っており、すべての命を創り出すという強大な力を持っていた。

だがある日、その<心>を半分、神で半分、人間である不思議な存在、マウイが盗んでしまう。

世界はたちまち暗黒の闇が生まれ広がっていった。」泣き出す子供達。

そんなのは昔話だと止めるに入る村長トゥイ。

だが、おばあちゃんの話には続きがあった。

「闇がすべてを飲み込む前に、島のサンゴ礁を超え、海を旅する者が現れ、テ・フィティの<心>を返し、世界を救う」と。

 

外の未知なる世界への好奇心を募らせるモアナ

村長トゥイの1人娘、モアナはそんな昔話を聞いて育った子供の1人。

幼い頃に、海で波が自分と戯れてくれるような不思議な体験をする。

その時に海の中に光る何かを見たが、夢だったのだと忘れてしまう。

島にある絶対的な掟=サンゴ礁を超えてはいけない、というルールに疑問を感じ、隙を見ては海へと向かうが、大人になるにつれ、「海は危険。この島に生きることが安全。

ここに生きることが幸せ」と繰り返し教えられ、いつしか、自分の気持ちを抑え、村長の後継として、おとなしく島で生きることを選んでいた。

 

そんな絶対的な平和と思われていた島での日々に急に変化が。

島でたくさん取れていたココナッツや魚がいつしか全く取れなくなってきていた。

不安がる島の住民たち。

サンゴ礁を超えての漁を提案するが、サンゴ礁を超えてはいけない掟は絶対だと譲らないトゥイ。

伝説は本当だったのかと徐々に不安を感じ始めるモアナたち。

そんな現実に目を背けるよう、村長は掟を掲げ続ける。

 

自分の心の声に従え

そんな葛藤の中、ついにモアナはこっそり漁師の舟でサンゴを越えようと親友の子豚プアと共に海に漕ぎ出す。

だがすぐに波に飲まれてしまい、命辛々、なんとか島へと流され、戻る。

親友の命を危険な目に遭わせてしまったことに落ち込むモアナ。

そんなモアナをタラおばあちゃんは村人が近づかない秘密の洞窟へと連れていく。

そこには見たこともない立派な大きな船がたくさん並んでいた。

 

実はモアナの先祖たちは海を渡り新しく島を見つけ、開拓しては別の島を見つけるための冒険へ繰り返すという旅をしていた民族だった。

興奮を抑えきれないモアナにタラおばあちゃんは、マウイがテ・フィティの「心」を盗んだことにより、溶岩の悪魔 テ・カァが生まれ、命を吸い取っているのだと話す。

それを止めるために「心」を返しに行く、「海に選ばれた者」はモアナなのだと告げられる。先祖と島に迫る危機の真実を島の人々へ伝えるモアナ。

 

そんな中、タラおばあちゃんが倒れてしまう。

最期を感じ取ったモアナは、おばあちゃんのそばにいようとするが、「行きなさい」と諭される。

「どこへいても私たちは一緒にいる」と。

最期の力を振り絞り、タラおばあちゃんは密かに見つけ守っていたテ・フィティの「心」をモアナに託す。

モアナはおばあちゃんが気になりながらも、鶏のヘイヘイと共に先祖の舟で海へ飛び出す。

 

マウイと神の釣り針

航海へ出てすぐ、モアナの舟は嵐に遭い、無人島へたどり着く。

そこは偶然にもタラおばあちゃんに目指すよう言われたマウイが幽閉された島だった。

マウイは自分の身体のタトゥーを見せ、1つ1つの絵が、自分が今まで人間のために行ってきた歴史が記録として刻まれたもので、自分は英雄なのだと豪語する。

 

「心」を一緒に返しに行くよう協力を求めるモアナだったが、自分は悪いことはしていないと応じないマウイ。

引き換え条件に、姿を変幻自在に変えられる武器「神の釣り針」をタマトアという生物から取り返すことに。

途中、ココナッツの姿をした海賊カカモラの襲撃に遭うが、モアナの気転の効いた行動により、なんとかタマトアの住処までたどり着く。なんとタマトアは巨大なヤシガニでマウイを恨んでいた。

「神の釣り針」を取り返すも、なかなかうまく使いこなせないマウイ。

逆にピンチに陥ってしまうが、ここでもモアナの活躍により、2人は無事に脱出する。

 

寂しい英雄マウイ

「神の釣り針」を取り返したにも関わらず、何故かうまく変身ができないマウイ。

モアナは何故そんなに自分自身を信じることが出来ないのか尋ねる。

マウイは実は生まれてすぐに捨てられた子どもだった。

人の役に立ち感謝されることで自分の価値を感じたかったのだ。

「心」を盗んだのも、限りある命で生きる人間を救いたい気持ちからだった。

そんなマウイをモアナは責めることなく、あなたはその勇気と優しさのある行動から人間たちに英雄と呼ばれていると励ます。

 

自分の存在に自信を取り戻したマウイは変身の特訓を始め、モアナには航海術を教える。

2人の絆が深まった頃、舟はテ・フィティの島へと近づく。

行く先にはテ・カァが立ちふさがっていたが、乗り切れると舟を進めるモアナ。

だがテ・カァに阻まれ舟は大きく戻されてしまい、モアナを守るためにマウイの「神の釣り針」にはヒビが入ってしまう。

再び人間からの感謝を失うことで自分の存在の意義に怯えるマウイ。

2人の気持ちは離れてしまい、マウイは舟から去ってしまう。

 

エイになって還ってきたおばあちゃん

傷つき、1人では成す術もなく、諦めようとするモアナ。

「心」を海へ沈めたその時、光る巨大なエイが現れる。

それは「私が死んだらエイに生まれ変わって海へ戻って来る」と言っていたタラおばあちゃんだった。

諦めないよう励ますおばあちゃん。

心を新たに再び決意したモアナは1人でテ・フィティの島へと戻る。

マウイに教わった航海術や、テ・カァは海が弱点だと気付いた作戦で島へと辿り着く。

マウイも応援に駆けつけ、モアナを守るためについに「神の釣り針」は壊されてしまう。

やっとの思いでテ・フィティが眠る場所へ着いたモアナは愕然としてしまう。

 

テ・カァとテ・フィティ

そこにはただの灰色の景色と海が広がり、いるはずのテ・フィティの姿はなかった。

その時、モアナはハッとする。テ・カァの正体は「心」を失くしたテ・フィティなのだと。

「心」を返すべき場所はテ・カァだった。怒り狂うテ・カァに「心」を渡すモアナ。たちまち世界は緑に包まれ、テ・カァはテ・フィティの姿へと戻っていく。

平和を取り戻した世界と海。一緒にモアナの島へ来ないか誘われるが、別々に生きていくことを選ぶマウイ。

 

もうその姿は孤独に怯える以前の彼ではなかった。

マウイの身体にタトゥーのモアナの姿が刻まれる。

モアナはマウイに別れを告げ、家族の待つ島へと帰る。

その後、島にとどまる生活はやめ、先祖がしてきたようにモアナの一族は航海を始める。

そこには船に寄り添う巨大なエイの姿とマウイがよく変身していた鳥の姿があった。

 

今なら31日間無料キャンペーンを実施中!!

↓↓↓↓

↑↑↑U-NEXTに登録して『モアナと伝説の海』動画を視聴する』↑↑↑

 

モアナと伝説の海のキャストは?

モアナ役:屋比久知奈

ヒロインである16歳の少女。

サンゴの向こうの海の世界に憧れるが、航海術はマウイに教わるまで全くと言っていいほど出来なかった。

村長である父の後継として教育されるが、自由な生き方をする祖母に背中を押され、海に選ばれし者として、テ・フィティの「心」を返す海への旅へ出る。

 

マウイ役:尾上松也

半分は神、半分は人間という不思議な存在。

軽いノリと自信に満ち溢れた言動とは裏腹に、実は生まれてすぐに捨てられた過去があり、人間から感謝されることで自分の存在を価値あるものに感じようとしている。

「神の釣り針」を使い、姿を変幻自在に変えられる。その数々の人間のためにした行動から英雄と呼ばれている。モアナの旅の仲間になる。

 

タラおばあちゃん役:夏木マリ

伝説を語り継ぎ、ダンスをこよなく愛すおばあちゃん。

掟を守り、島に中で暮らすことを厳格に守る息子の村長と違い、自由を重んじ、心のままに生きることをモアナに進める。

後半では生まれ変わりエイになってモアナを助ける。

 

ヘイヘイ役:夏木マリ

モアナと一緒に旅に出たおとぼけ者の鶏。

すぐにどこかへ落っこちたり、同じ動作を反復したりと、間抜けな行動ばかりするお茶目さんだが、いざという時にモアナたちを救う大活躍を見せる。

 

トゥイ(村長):安崎求

モトゥヌイ島の長。

「サンゴ礁を決して超えてはいけない」という掟を頑なに守り、娘のモアナにも冒険より島での安泰した生活を勧め、後継者として育てる。

しかし、実は自身も若い時にサンゴの向こう側の世界に憧れ、親友と冒険に出たが、波に飲まれ親友を失ってしまったという過去を持つ。

 

シーナ:中村千絵

モアナの母親。

夫であり長のトゥイを支えつつも、モアナの本心を知っており、そっと見守っている。

タラおばあちゃんに背中を押され、海へ旅に出る準備をしていたモアナを偶然発見するが、トゥイに告げることはなく、黙ってモアナの準備を手伝い送り出す。

 

タマトア:ROLLY

巨大なヤシガニ。マウイの失くした「神の釣り針」を持っていた。

きらびやかなものや、光るものに目がなく集めては自分の巣に飾っている。

マウイに足を1本取られたことで彼を恨んでいる。

マウイが本当は捨てられた子どもなのだと歌でモアナに告げる。

 

モアナと伝説の海 動画の3つのみどころは?

アカデミー賞にもノミネート 圧巻の映像美

何と言っても目を引くのが、ストーリーの舞台となる海のCG表現。

透明度が高く、意志を持っているような波の表現は実写とも手書きアニメとも違う、CGならでわの美しさ。

アニー賞の視覚効果賞も受賞している。

 

その年のアカデミー賞 長編アニメーション映画賞にノミネートされるも、獲得したのは、たまたま公開時期により同じ年のエントリーとなった同じディズニーの映画『ズートピア』(‘16)。

人種差別の問題などが世界を大きく騒がせたこの年は、そう言ったメッセージ性を強く残した作品に軍配が上がったが、記録に残る名勝負だったと言える。

実際にディズニー映画の記録に残る大ヒット作となり、ここ最近の代表作と言える存在になった。

 

何度でも聴きたくなる 名曲の数々

モアナの海への冒険心や、押さえつけられる葛藤を歌い、映画公開前のTV CMでも流れた「どこまでも~How Far I’ll Go〜」をはじめとした一度聴いたら耳から離れない名曲の数々。

『リトル・マーメイド』(‘89)のスタッフが再び作り上げた歌が劇中に入ってくる構成は、ミュージカルが苦手な人でもすんなり楽しめる自然な入り方。

映画を見た後に、子供が歌い出すことや、タイトル曲をもう一度聴きたくなることは間違いなし。

アメリカではアカデミー賞の歌曲賞にもノミネートされている。

日本版は加藤ミリヤが歌い、オリコン週間BD総合チャート第1位(2017年7月17日付)を獲得していることが、その楽曲のレベルの高さを物語っている。

 

繰り返し見たくなる深いストーリー構成 監督たちが現代に込めたメッセージ

16歳の主人公が自分の気持ちを抑えながら生き、最後、自由の世界へと向かう姿はディズニーアニメ映画歴代No.1のヒット作『アナと雪の女王』(‘13)のエルサを彷彿とさせる。

彼女が決心の時に歌う姿も同じ。

親の目線から見ても、子供の目線から見ても、共感できるヒロイン像とその周辺にある家族愛や、孤独や生きるということへの葛藤。

制作チームは事前にハワイ・タチヒなどポリネシア諸島を調査し、その文化や愛の表現、自然を映画に大きく反映させている。

 

監督が描きたかったものは “海に選ばれた”少女モアナが冒険する大海原は、私たちの世界そのもの。

大きな壁にぶち当たった時に,自分の心の声に従って生きてほしい”という強い応援メーセージ。

また、”世界のバランスが崩れていく中で、海という偉大な母なる自然の恵みや、愛情を改めて感じること”とスタッフは伝えています。

 

モアナと伝説の海を視聴した人たちの感想は?

【びっくりするほど綺麗な映像。】岡山県:篠崎さん

色彩が本当に鮮やか!!

驚きました。

海や火山などの大自然はハワイを思い出させました。

ストーリーもポリネシアの神話や伝説をベースにしていて、冒険が引き込まれました。

マウイは憎めない可愛い性格。

歌も素晴らしく、ココナッツ姿の海賊の形には笑ってしまいました。

 

【元気になれる作品】青森県:石原さん

とにかく観たら、元気をもらえる作品!

悩んでいたり、へこんでいたら、騙されたと思ってまずこの作品を観てみることをオススメします。

一時の感動というだけでなく、みんなが幸せになるようにがんばる姿を見事に描いている作品だと思いました。

 

【とにかく面白い】鳥取県:臼井さん

ひたすら映像が綺麗で、何と言っても音楽がいい☆めちゃくちゃ面白い。

ミュージカルっぽいけど、それが逆にすごく良かった。主人公のモアナ可愛すぎ。

おまけのミニアニメまでついて大満足。

 

【モアナに共感しっぱなし】鹿児島県:手塚さん

モアナ頑張れ〜ってつい心の中で思ってしまうほど、魅力的。

想像以上に面白かった。個人的にはアナ雪以上なのでは!?と思ってしまったくらい。

海がもう、とにかく綺麗&歌も最高。冒険でドキドキするシーンも多くて、始終興奮状態。

 

今なら31日間無料キャンペーンを実施中!!

↓↓↓↓

↑↑↑U-NEXTに登録して『モアナと伝説の海』動画を視聴する』↑↑↑

 

モアナと伝説の海 動画まとめ

てっきり子供のためのアニメーションだと思っていませんでしたか?大人でもハマる人続出中のモアナ。

今年の夏を迎える前に、ぜひチェックしておきたい映画です。

 

*本記事は2018年6月現在の記事です実際の配信状況に関してはU-NEXTをご確認ください*

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です