モンスターズインクの動画吹き替え版を今すぐフル視聴する方法は?

キュートで愉快なモンスター達が駆け巡る!

泣けて笑える、シュールなファンタジーワールド。

 

見た目はちょっと怖くて、気持ち悪い。

でも決して憎めない愛らしいモンスター達。

人間の子供を怖がらせて、その悲鳴の力を、街の電力に変えることで生活している。

 

子供達はモンスターを恐れ、夜な夜な泣き叫ぶが、、。

そんなモンスター達が恐れて止まないのは、実は人間の子供だった。

 

触れたらすぐに死んでしまう、と教えられたはずの人間の女の子が彼らの住む街に迷い込み、大パニックに。

電力会社のエース、サリーとマイクのコンビは、こっそり子供を人間の世界に帰そうとするが、、。

 

そんなモンスターズインクの動画を吹き替えでフル視聴する方法はこちらからどうぞ!

 

目次

モンスターズインク動画吹き替え版フルの基本情報は?

https://twitter.com/kakochanneo/status/1002462295866273792

ディズニーとピクサーがタッグを組んだ4作目。

当時まだ真新しかったフルCGアニメーションにより、モンスター達の細かな質感(毛並みや肌質など)が見事に描かれている。

 

2001年公開。(日本での公開は2002年3月。)

2001年のアカデミー賞では作曲賞、主題歌賞、音響効果賞、長編アニメ賞にノミネートされ、主題歌賞を受賞。

興行収入は93億円を突破し、2013年には続編である『モンスターズ・ユニバーシティ』が公開される。

 

その人気から、2009年には東京ディズニーランド内にアトラクションとして「モンスターズ・インク “ライド&ゴーシーク!” 」ができ、オープン日には330分待ちの列ができた。

トイ・ストーリー(‘95) で原案を担当したピート・ドクターが監督に、同作で監督を担当したジョン・ラセターが製作総指揮を務めた。

 

モンスターズインクの動画を吹き替え版でフル視聴するには?

『モンスターズ・インク』のように他社のビデオオンデマンドで配信されていなかったり、有料配信の作品を視聴するときにおすすめな方法は『TSUTAYADISCAS』を使用する方法です。

TSUTAYA DISCASとは、スマホやPCやタブレットで視聴できる動画配信と共に、TSUTAYAのレンタルDVDを宅配で受け取れるサービスです。

しかもDVDレンタルもかなり画期的で、視聴したDVDは専用の袋に入れて郵便ポストに投函するだで返却が完了して、延滞料金等の発生もしません!

 

そんなTSUTAYA DISCASでは現在30日間お試しキャンペーンを実施しています。

このキャンペーン中ならサービスが気に入らなくても30日以内に解約すれば、あなたのお金は一切かかることはありません。

30日間のお試しキャンペーンはいつ終了するかわからないので、今すぐにでも登録したほうが良いですよ。

今なら30日間キャンペーンを実施中!!

↓↓↓↓

↑↑↑TSUTAYA DISCASに登録して『モンスターズ・インク』を視聴する↑↑↑

 

モンスターズインクの動画吹き替え版フルのあらすじは?

子供を怖がらせたらNo.1! 俺たちが会社のエース

https://twitter.com/minomusi4649/status/793974291293315072

毛むくじゃらで角の生えた、青い猛獣のようなサリーと、ひとつ目で緑色のマイクは大親友。

2人はモンスター達が暮らすモンスター・シティの中で1番大きな会社「モンスターズ・インク」に勤めているエースコンビ。

 

彼らの仕事は、人間の世界に通じている「子供の部屋の扉」を通り、人間の子供を恐がらせ、悲鳴を集めて街の電力にすること。

最近ではTVゲームや映画の影響でモンスター達を恐がらない子供も増えてきた中で、常に業績No.1コンビの2人は、全社員の憧れだった。

 

彼らのおかげで常に会社のNo.2の座しか取れなかったランドールは2人をライバル視するが、圧倒的な業績に及ばない。

だが、恐がらない子供の増加で会社自体の業績は下がり、街は深刻なエネルギー不足に陥っていた。

 

感染?!人間の子供は怖い!!

https://twitter.com/moussy86/status/1004284020765552640

そんなある日、マイクは会社の受付であるセリアとのデートのため、サリーに代わりに書類の提出を頼む。

誰もいない夜の会社で1人書類の整理をするサリー。

すると、そこにあるはずのない白い花柄の扉がポツンとあった。

 

業務時間でもないのに、不思議に思ったサリーは扉を開けてみる。

特に変わった様子はなく、扉を閉じようとするサリー。

 

すると何か自分の尻尾に当たるものが。

それは何と触れただけで感染し、死に至ると言われていた人間の女の子、ブーだった。

 

パニックに陥ったサリーは、何とかブーを部屋に戻そうとするが、近づいてくる影に気づき、その場を一目散で逃げさる。

慌てて自分の体にくっつけてきてしまった、子供部屋のものを、大事にならないように、トイレで何とか証拠隠滅しようとするサリー。

だが、ブーがサリーの背中にくっついたままだった。

 

驚いたサリーは、ブーを再び返そうと扉のあった部屋に急ぐが、扉は倉庫に戻され、どうにも出来ない状態に。

扉はランドールが、なぜか業務時間外に出し入れしていたものだった。

 

小さな愛らしいモンスター、ブー

サリーは助けを求めて、親友マイクのデート場所である街のレストランへ行くが、逆にブーがレストランで目撃され、街中は大パニックに。

消毒するための緊急部隊CDAが出動し、ブーを排除するため大捜索が行われる羽目に。

 

会社にこのことがバレたら、クビになると恐れた2人は、ブーを隠し逃げることに。

結局、サリーはマイクのデートもぶち壊してしまう。

 

自分のアパートにブーをかくまったサリーは、徐々に子供は有害ではないことに気づく。

ふれあう中でサリーは徐々にブーに愛着を感じる。

 

翌日、会社にばれないようにこっそりブーを帰そうと、モンスターの着ぐるみを着せて会社に連れて行く2人。

だが子供の出現でパニックになっている会社で、中々ブーを戻すことができない。

 

更にランドールも、人間が現れたのは自分のせいだと思っており、ブーを探していた。

 

社長の裏の顔

悪役シリーズ1:ディズニーヴィランズ 「モンスターズ・インク」より ヘンリー・J・ウォーターヌース モンスターズ・インクの3代目の社長。 クモの様な、カニの様なモンスターです。 エネルギー不足や使えない新人に頭を抱え、実力No. 1のサリーを気に入っています。 一見いい人に見えますが、実は事件の黒幕で、ランドールと手を組んでいました。ブーを誘拐し、悲鳴吸引機と呼ばれる機械を使って強引にエネルギーを確保しようとしていたのです。 モンスターの世界にも、善悪は別れているのですね。 #悪役好き #ディズニー #ディズニー好き #ディズニーキャラクター #ディズニーキャラ #ディズニーヴィランズ #ヴィランズ #悪党 #悪者 #悪者好き #ディズニーピクサー #モンスターズインク #モンスター #ヘンリー #ウォーターヌース #ウォーターヌース社長 #クモ #カニ

A post shared by ソルナ (@solna367) on

ランドールの本当の目的は、ブーを密かに誘拐し、社内の秘密機械に拘束して、より多くの悲鳴パワーを集めることだった。

サリーとマイクはそのことを社長に報告し、助けを求めるが、逆に騙され、雪山へ続く扉の向こうに蹴飛ばされ、追放されてしまう。

 

子供を誘拐して電力を稼ぐのは、社長とランドールがグルになって進めていた計画だった。

 

捕らえられてしまったブー。

どうやって帰ったらいいのかと、絶望する2人。

遂には、親友の自分ではなく、ブーのことばかり心配するサリーに、マイクは怒ってしまう。

 

だが諦めなかったサリーは、雪男・イエティの助けを借り、なんとかモンスターズ・インクの社内へ戻る。

なんとかブーを取り戻すが、ランドールの攻撃を受け、ピンチを迎えてしまう。

そこへ雪山から遅れて戻ったマイクが駆けつける。

 

ブーとの別れ

ランドールと社長の魔の手が迫るが、ただの事務経理のおばちゃんだと思っていたロズが実はCDAの隊長で、社長が子供誘拐計画を暴露し、正当化する場面を見ていた。

2人は何とかブーを守り、ランドールは人間界へ追放、社長も今までの悪事がばれ、逮捕される。

 

会社は倒産、1から立て直すことに。

ブーに別れを告げる2人。

 

彼女を部屋の扉から帰すことに成功するが、モンスターの秘密を知りすぎてしまったブーの部屋へと続く扉は、シュレッダーにかけられ、永遠に再会できないようになってしまった。

悲しむサリー。

手には、粉々になってしまった彼女の部屋の破片があった。

 

笑顔は未知のパワー

時は経ち、サリーはモンスターズ・インクの新しい社長になっていた。

ブーとともに過ごしたことで、従来の子供の悲鳴を集めるより、笑い声を集めた方が、10倍のパワーがあることを発見。

経営もうまくいき、エネルギー不足も解消されつつあった。

 

順風満帆なように思えたが、未だにブーのことが忘れられないサリー。

そこへマイクが現れ、言われるままについていくと、そこには、シュレッダーにかけられたはずのブーの部屋の扉があった。

 

マイクは親友のサリーのために、自分の手を傷だらけにして、密かに扉を修復していた。

サリーの最後のピースである自分のもっていた破片をはめると、扉は完成し、中を開けると、そこには、あのブーの声が。

 

モンスターズインクの動画吹き替え版フルに登場するキャストは?

モンスターズインクのサリー役:石塚英彦(ホンジャマカ)

https://twitter.com/nkm0312/status/708266917811716096

会社のエース。

はじめはブーを恐れるが、徐々にその愛らしさに、親心のようなものが芽生えてくる。

ブーからはニャンニャンと呼ばれ、優しくあやす姿も。

 

モンスターズインクのマイク役:田中裕二(爆笑問題)

おちゃらけた明るい性格。

サリーと違い、あまり怖くない容姿のため、サリーのアシスタント的な存在でコンビを組む。

サリーを心からの親友と信頼している。

 

モンスターズインクのブー役:井上愛理

モンスターの世界に迷い込んだ愛らしい人間の女の子。

ランドールを怖がっていたが、自分を大切に守ってくれたサリーやマイクを助けるため、最後は勇気を持って、ランドールを共にやっつける。

 

モンスターズインクのランドール役:青山穣

サリーとマイクをライバル視している。

卑怯な性格。

ブーを誘拐して、強大な電力を得ようと企んでいた。

 

モンスターズインクの社長役:大平透

モンスターズ・インクのウォーターヌース社長。

サリーを信頼しているように見せかけ、実は裏でランドールと組み、子供を誘拐しようとしていた。

 

モンスターズインクのセリア役:高乃麗

マイクの恋人。

マイクのことを「ギョロ目ちゃん」と呼び、仲睦まじいが、怒るととても強い。

 

モンスターズインクのロズ役:磯辺万沙子

ナメクジの姿をした事務のおばちゃん。

しかし、その正体はCDAの隊長だった。

 

今なら30日間キャンペーンを実施中!!

↓↓↓↓

↑↑↑TSUTAYA DISCASに登録して『モンスターズ・インク』を視聴する↑↑↑

 

モンスターズインクの動画吹き替え版3つのみどころは?

【フルCGで描かれたモンスターたちのデティール】

サリーの風に揺れる、ふさふさした毛並みや、マイクのつるっとした肌質。

ナメクジのヌメッとした質感のロズなど、CGでよくここまで繊細な表現が可能だと驚かされる映像のクオリティーの高さ。

 

ディズニーと制作タッグを組んだピクサーは、『トイ・ストーリー』(’95)や『ファインディング・ニモ』(’03)を生み出したヒットメーカー。

当時、ディズニーと双方にとって有益な協定契約を結んでおり、タッグを組んでからの主要5作品の利益は、合計で25億ドル以上。

 

まだCGアニメーションがここまで浸透していなかった時代に新しい風を起こし、その作画技術の高さから、今でも世界中に認められているスタジオの1つ。

そのスタッフが総力をかけて制作し、アカデミー賞、長編アニメ賞にまでノミネートされた息を飲む映像は、ぜひチェックしてほしい。

 

ブーの愛らしさに、誰もがメロメロ

はじめは人間の子供に怯えていたサリーだが、その愛らしい行動にもうメロメロ。

自分の似顔絵を描いたり、ニャンニャンと呼んですり寄ってくる姿に、親友とも取れる特別な感情を抱く。

 

子供を持つ親の世代は、このブーとサリーの姿にとても共感できるのでは。

予想しない行動にパッと出て、周りを困惑させるのも、子供にはよくあること。

 

着ぐるみを着て、社内を駆け回ったり、トイレに行きたくてうずうずしたり、1人で寝るのを怖がったり。

ほとんどセリフはないくらい、幼少の設定で、片言だけのところも、また、これが可愛い。

 

最後はサリーのみならず、観た人もブーに釘付けになっているはず。

 

細かい部分まで要チェック!モンスター達の意外な生活

もう1つ気にしながら観て欲しいのが、細かく設定されているモンスター達の生活。

 

街のレストランで、ゲテモノと思われるような食事を、美味しいと言ってほおばったり、モンスター達自身の容姿も実に様々。

街で子供が遊ぶ様子や、売られている雑誌、放送されているTV、使用している小物。

彼らの日常生活を実に細かく設定している。

 

普通に観ていたら、うっかり見逃してしまいそうな細部も、目を離さず、じっくり探していると、新しい発見があって、クスッと笑ってしまう。

よりモンスターワールドを楽しめるはず。

特にモンスターが小さいモンスターと思わしき生物を食べているレストランでの食事シーンは、シュールで必見。

 

モンスターズインクの動画を視聴した人たちの感想は?

コミカルだけど泣けるシーンも満載の本作。

実際にモンスターズインクを観た人たちの感想は?

 

【親子で号泣】滋賀県:上田さん

3歳の娘が、なんと別れのラストに涙していました。

感情移入を覚えたようです。

娘を感性豊かに成長させてくれたこの作品に感謝です。

 

コミカルなモンスターたちにも夢中でした。

私自身も楽しめましたし、親子で観ることをお勧めします。

【CGアニメの先駆け】栃木県:有野さん

有野さん

確かこの作品から、CGアニメが一気に広がっていったと思います。

公開当時、興味はあったものの、観たことはありませんでした。

 

子供が成長したのをきっかけに全く期待せず見たところ、アッという間にストーリーに引き込まれました。

映像も綺麗だしモンスター達も可愛い。

 

子供も真剣で、涙している姿に、見終わった後、思わず抱きしめてしまいました。

私たち親子にとって大切な大切な映画になりました。

【ブーが愛おしすぎる】宮城県:大河内さん

大河内さん

何度観ても、面白い!

映画としては完璧。

ピクサーの優秀さに感動します。

 

ストーリーもキャラ設定も実に秀逸によくできています。

テンポもいい。

サリーとマイクのコンビは、本当に絶妙で笑ってしまう。

 

そして何と言っても、ブーの可愛らしさ。

よちよち歩きを見るだけで、あまりにも愛しくて泣けてきてしまう。

【必見の映像美】山梨県:五十嵐さん

五十嵐さん

映像の見せ方が本当に考えられていて、よくできている。

今となっては、CGは当たり前ですが、公開時の感動たるや凄かったです。

 

サリーの美しい毛並みや、モンスターたちのそれぞれの質感、光や雪などの難しい題材、さらに重力まで見事に表現しています。

わざと影絵を取り入れたり、本当に計算され尽くされた名作です。

【心が洗われる】広島県:加藤さん

加藤さん

世間の苦さに疲れたら、ちょっと癒される作品が見たくなります。

そんな、あたたかくて、笑える物語。

 

主人公がこんなに可愛い姿のモンスターなら、会いたくなっちゃうな。

ブーを必死に守る、2人が本当に愛らしい!

他のディズニー映画とは、また一味違った作品です。

 

親子で観たり、子供を持つ世代の共感が目立ちますが、純粋に映像やストーリーを評価する人も多く、幅広い層に人気と言えます。

 

今なら30日間キャンペーンを実施中!!

↓↓↓↓

↑↑↑TSUTAYA DISCASに登録して『モンスターズ・インク』を視聴する↑↑↑

 

モンスターズインクの動画吹き替え版フルのまとめ

今やCGの技術はさらに進化し、このスタイルのアニメも決して珍しいものではなくなりました。

ですが年月が経っても、全く初期の作品であることを感じさせないクオリティーの高い映像と、愛され続ける作り込まれたストーリーは、ディズニーファンでなくとも、ぜひ一度チェックしたいところ。

 

今回ご紹介した方法でモンスターズインク動画の吹き替え版をフル視聴してくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です