時計仕掛けのオレンジの動画を吹き替えバージョンで視聴する方法はこれ!

「時計仕掛けのオレンジ」は日本では1972年の4月に公開されました。

鬼才スタンリーキューブリック監督の傑作SF映画です。

原作は1962年に発表されています。

 

イギリスの小説家アンソニー・バージェスが、自身でも『危険な本』と語った同名の小説を映像化した作品で、その衝撃的な暴力描写は賛否両論を呼びました。

ここでは「時計じかけのオレンジ」のあらすじや見どころ、吹き替えバージョンでの動画の視聴方法を紹介します。

 

時計仕掛けのオレンジ動画吹き替えの基本情報は?

あまりにも暴力的な内容から成人映画の指定を受けますが、アカデミー賞作品賞にノミネートされます。

カルト的な人気を誇る、日本でも有名なキューブリックの作品の一つです。

日本では2011年に小栗旬主演で舞台化もされました。

 

近未来のロンドンを舞台に暴力やセックスなど、欲望の限りを尽くす少年達と彼らを取り巻く、歪みきった社会にありったけの皮肉を込めた風刺的な作品です。

近未来を設定にしていますが、あくまで普遍的な社会をモチーフにしています。

 

映像化作品ではキューブリックの大胆さと繊細さによって、人間の持つ醜さを滑稽に、且つコメディタッチで描いています。

まるで悪の舞踊劇とも言うべき作品に仕上がっています。

衝撃的な暴力シーンとセンセーショナルな皮肉の利いた風刺に一部では暴力を誘発する作品であるという見解もあります。

 

次からは「時計仕掛けのオレンジ」のあらすじや見どころに触れていきます。

吹き替えバージョンの視聴にはどのような方法があるのでしょうか。

 

時計仕掛けのオレンジ動画吹き替え版を無料視聴する方法

それでは、『時計じかけのオレンジ』のように他社のビデオオンデマンドで配信されていなかったり、有料配信の作品を視聴するときにおすすめな方法は『TSUTAYADISCAS』を使用する方法です。

TSUTAYA DISCASとは、レンタルサービス再大手のTSUTAYAが運営しているサービスでス。

スマホやPCやタブレットで視聴できる動画配信と共に、TSUTAYAのレンタルDVDを宅配で受け取れるサービスです。

 

しかもDVDレンタルもかなり画期的で、視聴したDVDは専用の袋に入れて郵便ポストに投函するだで返却が完了して、長い日数借りていたとしても延滞料金等の発生もしません!

そんなTSUTAYA DISCASでは現在30日間無料お試しキャンペーンを実施しています。

このキャンペーン中ならサービスが気に入らなくても30日以内に解約すれば、あなたのお金は一切かかることはありません。

30日間の無料お試しキャンペーンはいつ終了するかわからないので、今すぐにでも登録したほうが良いですよ。

今なら30日間無料キャンペーンを実施中!!

↓↓↓↓

↑↑↑TSUTAYA DISCASに登録して無料で『時計じかけのオレンジ』を視聴する↑↑↑

 

時計仕掛けのオレンジ動画吹き替え版のあらすじは?

【少年達の暴力】

舞台は近未来のロンドンです。

クラシック音楽、中でもベートーヴェンをこよなく愛する15歳の不良少年アレックス・デラージ。

自身をリーダーとする4人組の「ドルーグ」は、今夜もバーでドラッグ入りミルクを飲みながら、世界への暴力行為を計画していました。

 

労働力にならないためにホームレスになった老人をアレックス達は棍棒でめった打ちにします。

彼らは衝撃的な暴力行為に明け暮れていました。

 

ある日、別の不良グループ「ビリーボーイズ」は、少女を強姦すべく廃墟に連れ込み、衣服をはぎ取りベッドに押し倒します。

しかしそこに見計らったようにアレックスッたちが登場し、全員を棍棒で叩きのめします。

そこにサイレンの音が近づきアレックス達は逃走します。

 

【雨に唄えば】

警察に追われ、興奮さめない一行は、盗んだ車で郊外へ走ります。

ある作家夫婦の家に困窮を装い、助けを求めました。

 

一行は、親切心で扉を開いた作家夫婦の家に押し入ります。

「雨に唄えば」を歌いながら、悪びれもなく暴れまわり、夫の方を押さえつけてその目の前で妻を輪姦するアレックス達です。

 

彼らの暴力行為はエスカレートしていきます。

その後、グループのリーダーの座を巡って仲間とひと悶着を起こします。

 

その夜に仲間と共に金持ちの老女が住む一軒家に強盗に出かけ、アレックスは男性器をかたどったオブジェで老婦人を撲殺しますが、昼間のいさかいが原因で仲間に裏切られてしまいます。

彼一人だけ警察に逮捕され投獄されることになるのです。

 

【恐ろしいルドヴィゴ療法】

アレックスは懲役14年の実刑判決をくだされ、獄中で二年が経とうとしていました。

牧師と懇意になるように模範囚を装うアレックス。

 

内務大臣に、キリスト教への信仰心とクラシック音楽の趣味を見出され、さらに犯罪歴か気に入られます。

刑期を短くしてもらう事と引き換えにアレックスは、ルドヴィコ療法の被験者になります。

 

ルドヴィゴ療法とは被験者に投薬を行った上で、拘束服で椅子に縛りつけ、見開いた状態でまぶたをクリップで固定し、目薬をさしながら残虐な映像をひたすら鑑賞させ続けるものでした。

実験は鑑賞中の暴力的映像が、投薬によって引き起こされる吐き気と嫌悪感に連係される事により、暴力や性行為に生理的拒絶反応を引き起こすようにするものでした。

 

【別人のようになるアレックス】

映像のBGMにはアレックスが好んでいたベートーヴェンの第九番が使われており、もっとも愛する曲を聴くと吐き気に襲われて倒れてしまうという身体になってしまいました。

この治療は成功します。

 

実験によりアレックは性行為や暴力行為に及ぼうとすると嫌悪感を覚え怯えるようになり、第九番を聴くと吐き気に襲われ気絶するようになります。

 

出所前に行われたデモンストレーションでは、政府高官や関係者の前で実験の効果が証明されます。

すっかり大人しくなったアレックスに喜ぶ一同ですが、刑務所で親しかった牧師は、この実験は根本的な解決にはなっていないのではと、疑問を抱きます。

アレックスのその様はまるで中身が機械でできている時計仕掛けのオレンジのようでした・・・。

 

【アレックスへの復讐】

https://www.instagram.com/p/BitkESWl9JE/?tagged=alexdelarge

自宅に帰宅しますが、両親はアレックスに似た別の男に彼の部屋を貸し、親子同然の関係のように暮らしていました。

両親から冷たくされ、家を追い出されるアレックスです。

 

途方に暮れていると、以前にリンチしたホームレスと遭遇します。

アレックスは逃走するが他のホームレスに囲まれ、今度は自分がリンチされてしまいます。

抵抗せず暴力行為を受け入れます・・。

 

助けを求めた警官はかつての仲間のディムとジョージー達でした。

警官になっていた彼らは人目の無い郊外で容赦なく暴行します。

ボロボロになり、冷たい夜の雨の中を彷徨うアレックスが、知らずに助けを求めたのは以前襲った作家夫婦の家でした。

 

【自殺未遂】

https://www.instagram.com/p/Bh7dsIGFhWu/?tagged=alexdelarge

作家はルドヴィゴ療法について知っており、政府の横暴に憤っていました。

妻はアレックス達に輪姦されたために自殺しており、怪我の後遺症で作家自身は車椅子生活を送っていました。

 

アレックスを家に入れ、入浴をすすめます。

優しく接していましたが、アレックスが口ずさむ「雨に唄えば」でかつて少年がアレックスだと作家は気づきます。

 

我を忘れる程に憎悪がわきあがる作家。

アレックスは「第九を聴くと死にたくなる」と話したところで意識を失います。

 

意識を取り戻すと高い階の部屋に監禁されていました。

大音量で第九番を聴かされます。

 

激しい嘔吐と苦しみに逃げ出そうと窓から飛び降りるアレックス・・・。

しかしアレックスは死にませんでした。

 

【戻ってきたアレックス】

#clockworkorange #alexdelarge #alex #ultraviolence

A post shared by Jamie C (@feggonaught) on

アレックスは病院で目を覚まします。

精神科医が現れ、絵のシュチュエーションにふさわしいセリフを答えるテストをはじめます。

彼は受け答えに性行為や暴力への抵抗がなくなっていました。

 

内務大臣が訪れ、アレックスにルドヴィゴ療法の問題点の発覚で下がってしまった、政府の支持を回復するために、ルドヴィゴ療法から完治したように振る舞ってほしいと頼みます。

アレックスは快諾しました。

その話が成立すると、待機していた大勢のカメラマンが部屋に雪崩れ込みます。

 

手を取り合い仲睦ましくしている二人の撮影を行うカメラマン達・・・。

大音量で第9番が鳴り響く中でアレックスは恍惚の表情を浮かべています。

それは以前の邪悪な笑みそのものでした。

 

時計仕掛けのオレンジ動画吹き替え版に登場するキャストは?

【アレックス・デラージ役:マルコム・マクダウェル】

#alexdelarge #clockworkorange

A post shared by Yves Charpentier (@yvescharpentier) on

『ドルーグ』のメンバーで主人公の15歳。

車の運転もします。

4人の中のリーダー格で、毎晩のように麻薬との暴力、盗み、レイプを繰り返すサイコな人間です。

 

頭が切れ、喧嘩も強い上にイケメンで女にも困っていません。

いさかいが原因で仲間達に裏切られて投獄されます。

 

アレックス役のマルコムは本作のイメージが強すぎたため、暴力的な役のオファーばかりが来て、苦労した事を語っています。

 

【ディム役:ウォーレン・クラーク】

『ドルーグ』のメンバーで陽気なお調子者です。

少し太っています。

 

ある時の喧嘩を恨んでアレックスを嵌めました。

他の人と違い武器に鎖を使っています。

アレックスからは暴行を受けたり、海に落とされたりと割と酷い目に合っていました。

 

後に警官になっており、アレックスに暴行を加えます。

ウェルウェルウェルでおなじみになりました。

 

【ビリーボーイ役:リチャード・コンノート】

アレックス達と敵対するグループのリーダーです。

ナチス親衛隊を意識したかのような衣装と制帽を被っています。

 

少女を廃墟に連れ込み襲おうとしたところ、アレックス達に邪魔されました。

アレックス達にジャック・ナイフで挑むが返り討ちにあいます。

その後、あっさり作中からはいなくなりました。

 

【フランク役:パトリックマギー】

前衛的なデザインの家に夫婦で住んでいる初老の男性作家。

若くて美しい妻が居ます。

 

アレックス達の標的にされ、妻は夫の目の前でレイプされてしまいます。

その際の怪我が原因で足が不自由になり、後に妻は精神的ショックで自殺していました。

 

フランクはアレックスに対して、復讐をし、自殺未遂まで追い込みました。

「雨に唄えば」を歌いながら妻を犯すシーンはこの映画の象徴的なシーンになっています。

 

【デラージ夫妻役:フィリップ・ストーンとシェイラ・レイナー】

アレックスの両親ですが、共働きで家を留守にする事が多いです。

アレックスの深夜徘徊を怪しんはいますが、深入りするのを恐れて決して触れません。

作中では親子間の干渉の少なさを皮肉る描写が多く出てきます。

 

父親役のフリップ・ストーンはキューブリックに見出され、他に「バリーリンドン」「シャイニング」にも出演しています。

元々は舞台俳優でした。

 

【牧師役:ゴッドフリー・クイグリー】

#ClockworkOrange #PrisonChaplain #Alex #GodfreyQuigley #MalcomMcDowell #StanleyKubrick #instamovies

WatchFilm 🎥さん(@watch_filmm)がシェアした投稿 –


アレックスが収監された刑務所の牧師です。

模範囚の彼を気に入っていました。

 

ルドヴィゴ療法についてアレックスに教えます。

エキセントリックで自己中な人物が多い中、比較的まともな印象で、アレックスの治療が成功した際も、その成功に疑問を抱いていました。

 

牧師役のゴッドフリー・クイグリーはアルツハイマー病で亡くなっています。

 

今なら30日間無料キャンペーンを実施中!!

↓↓↓↓

↑↑↑TSUTAYA DISCASに登録して無料で『時計じかけのオレンジ』を視聴する↑↑↑

 

時計仕掛けのオレンジ動画吹き替え版の3つのみどころは?

【未来のナッドサッド言葉】

作中では、ロシア語と英語のスラングで組み合わされた「ナッドサット言葉」なるものが多数使用されています。

主人公のアレックスとその仲間達はその未来の若者言葉であるナッドサット語を使っています。

 

古い俗語や語呂合わせ、ジプシーの言葉が混ざっていますが、ほとんどの語源はスラブ語になっています。

意味は主人公により読者に物語る際、解説されるため、ロシア語を知らない人にも意味が分かるようになっているので安心です。

小説家でもあり、言語学者でもあった原作の作者バージェスが考えだしました。

 

「ナッドサット」とはロシア語で「10」を示す数詞接尾辞を翻字にしたものであると説明しています。

若者文化を描きだすうえで重要な役割を果たしていると言っていいでしょう。

 

【音楽に注目】

#aranciameccanica #clockworkorange #stanleykubrick

A post shared by music '50 – '90 and movies (@all__is__art) on

「時計仕掛けのオレンジ」ではアレックスのクラシック好きという設定が活かされた選曲がされています。

音楽を担当したのはウォルター・カーロスです。

 

ベートーヴェンの交響曲第九番の演奏したものにはシンセサイザーを使用したヴォコーダーで加工した合唱と、斬新なレイチェル・エルガンドの歌唱が加わったオーケストラの演奏によるものが使われています。

タイトル音楽は原曲ヘンリー・パーセル作曲の『メアリー女王の葬送音楽』が使われていますが、カーロスのオリジナルと誤解されることもあります。

 

『雨に唄えば』は、リハーサル時にキューブリックが何か歌えと指示したところ、マクダウェルが空で歌えるのがこの曲であったため使われました。

他にはエルガーの『威風堂々』やロッシーニの『泥棒かささぎ』などが流れています。

 

【斬新なファッションと美術】

「時計仕掛けのオレンジ」で是非注目してもらいたいのは、作中のファッションや美術です。

主人公のアレックスとその仲間は黒いハットに全身白ずくめで決めています。

急所のあたりにはファールカップを着けており、独特でハイセンスな服装です。

 

監督の部屋で衣装選びを行った際にいいものがその時はなく、アレックス役のマルコムがクリケット用の衣装があるからと車に取りに行き見せたら、スタンリーが気に行ったと語っています。

作中の衣装や美術はアート好きな人達から人気があり、斬新で尚且つ新しくも感じます。

映像の美しさとスタンリー監督のセンスが光る美術や衣装を観るだけでも楽しめるかもしれません。

 

時計仕掛けのオレンジ動画吹き替え版を視聴した人たちの感想は?

それでは時計仕掛けのオレンジ動画を視聴した人たちは、どのような感想を持ったのでしょうか。

吹き替えバージョンの視聴方法とは?

 

【大分県:原田春名さん】

原田春名さん

この映画は最高です。

単純に好き嫌いでは語れない映画だと思います。

 

ただ人それぞれによって評価が大きく変わるので、この映画が響かなかった人も居ると思います。

賛否両論あると思いますがキューブリック監督の世界観に中毒性を感じました。

音楽や衣装や言葉などに監督のセンスを感じます。

 

残虐な主人公も何故か美しく見える不思議な映画!

 

【兵庫県:田坂心さん】

田坂心さん

性描写や殺人、暴力などの不快な描写に早送りしながら鑑賞しました。

人間の本質を表現しているんだろうと思いました。

 

こういう映画もあるのだと幅を広げるには良いかもしれません!

表現が全体に激しいので、落ち込んでいる時に観るのはおすすめしないかな・・。

強姦や悪質な暴力とかが無理な人も鑑賞を控えたほうがいいかもしれません。

【滋賀県:工藤寛子さん】

工藤寛子さん

ハイセンスな映画だと思いました。

人は生まれながらにして残虐性を持っていて、治そうと思って、治せるものではないってことかなと思ったり・・・。

小説の良い部分を抜き取り、さらに逸脱したアレンジを加えていてさすがキューブリック監督作品と思いました!

 

政府によって少年の人生が翻弄される様は管理社会の滑稽さを映し出していて、何ともいない気持ちになります。

 

【新潟県:村山ゆきさん】

村山ゆきさん

衝撃を受けた作品です。

キューブリックは天才だと思いました!

 

独自の世界観と独特な雰囲気に引き込まれる作品です。

全体を漂う狂気が面白さを際立たせています。

 

アレックスのなりきりっぷりは神がかっていますし、最後の狂気を含んだ微笑が頭から離れません!

ユーモアたっぷりで、飽きさせない作りです。

色々と考えさせられました。

 

視聴者は有名どころという事で一度観てみたという方も多かったです。

動画を観た方の感想は、最高という人から最悪という人まで両極端でした。

 

「時計仕掛けのオレンジ」動画の吹き替えバージョンの視聴方法はこちらです!

 

今なら30日間無料キャンペーンを実施中!!

↓↓↓↓

↑↑↑TSUTAYA DISCASに登録して無料で『時計じかけのオレンジ』を視聴する↑↑↑

 

時計じかけのオレンジ動画吹き替え版のまとめ

いかがでしたか?

「時計じかけのオレンジ」のあらすじと見どころ、動画を吹き替えバージョンで視聴する方法を紹介しました。

賛否両論別れる映画ですが、気になる人は、過激な描写が含まれる事を理解した上での視聴をおすすめします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です